木の伐採などの危険な作業は経験豊富なプロに任せよう。

マダニ防止のために安全に木の伐採を行なう方法

木の伐採は危険な作業です。必ず業者に依頼して作業してもらいましょう。伐採業者では安全のために次のような流れで木の伐採を行ないます。

業者が行なう伐採の流れ

木を倒しても安全な場所を探す

木の伐採の専門業者は木を切る前に周辺の調査や測量を念入りに行ない、木を倒す安全な場所を決めます。木の切り倒しが難しい場合には、吊り切りと言ってロープ掛けをしながら少しずつ伐採していくやり方で作業を進めていきます。吊り切りは非常に難しい作業なので高度なテクニックが必要になります。

木の伐採を行なう

木を切り倒す方向を決めたら、いよいよ伐採作業を開始します。安全確保のために、交通整備員を配置して周囲に人や車が立ち入らないようにします。まず、倒れる方向に切り口を入れておきます。そして斜め切り→芯切りというように切っていきます。そして、中央の部分を残し、反対側から切れ込みを入れて倒していきます。

伐採した木の処分

伐採した木を自分で処分する場合、可燃ごみに出すか不用品回収業者に依頼しましょう。そのままだと回収してもらえないので、ある程度細かく切っておく必要があります。しかし、伐採を業者に依頼した場合は、素材丸太に加工し材木置き場に運搬されて資源として再利用してもらえます。

難しい作業も業者なら大丈夫

木の伐採は、その場の状況によって難易度が異なります。狭い場所にあって、尚且つ周りに電線が通っている場合には、クレーン車や高所作業車などの重機を使わないと伐採できません。無理して自分でやろうとすると大怪我をしてしまうかもしれません。業者なら安全を考慮して作業を進めてくれるので安心です。

TOPボタン